コンクリート?コンクリート!
HOME > コンクリート?コンクリート! > 人や生き物にやさしいポーラスコンクリート
  • 人や生き物にやさしいポーラスコンクリート

    ポーラスコンクリートとは?

    ポーラスコンクリート(porous concrete)とは、多孔質な(小穴の多い)コンクリートという意味です。

    普通のコンクリートは、セメントと水、砂利、砂を練り混ぜて造りますが、ポーラスコンクリートには砂は使いません。
    ポーラスコンクリートの見た目は、お菓子の「おこし」のようです。これは、セメントと水を混ぜたもの(セメントペースト)がまぶされた小さい砂利が、相互にくっついた状態になっているからです。

    コンクリート コンクリート?コンクリート! インターメディアリー ポーラスコンクリート

    このことによって、内部には石粒同士の間にすき間(これを「連続空隙(れんぞくくうげき)」といいます)ができ、この連続空隙がポーラスコンクリートに、雨水を地下に浸透させたり、植物を生育させるなど、普通のコンクリートにない色々な性能を与えます。

    ポーラスコンクリートの性能

    1 .水を通す(透水性能)
    ビルやマンションの屋根や、プールに使われるように、普通のコンクリートは水を漏らさないことが特長の一つですが、ポーラスコンクリートはまさに水を「通過」させます。

    コンクリート コンクリート?コンクリート! インターメディアリー ポーラスコンクリート 透水コンクリート

    ポーラスコンクリートで舗装された歩道やプールサイドには水が溜まらないので、見るとすぐに分かります。最近は、遊園地や屋内のテーマパークにもポーラスコンクリートの舗装が使われています(飲み物等をこぼしても水たまりにならないため)。

    2.騒音が小さくなる(吸音性能)
    同じく舗装に関係したところでは、高速道路等の防音壁にポーラスコンクリートのパネル板を使うと、車が走行するときの騒音を吸収して(音波が連続空隙の中で反射して減衰するので)、騒音のレベルを下げることが知られています。

    3.草花が育つ(緑化・植栽性能)
    ポーラスコンクリートの連続空隙に植物が根を張って育ちます。川原の護岸など自然の緑もコンクリートの強さも両方欲しいところに使われます。また、海の中にポーラスコンクリートのブロック等を設置すると、海藻が根を張り、「藻場」をつくって魚介類が生育するための環境を整えます。

     コンクリート コンクリート?コンクリート! インターメディアリー ポーラスコンクリート 緑化コンクリート

    4.虫や小さい生き物のすみかになる(ハビタット)
     連続空隙が昆虫や水中の小さい生物のすみかとなって、外敵から身を守ったりします。

    コンクリート コンクリート?コンクリート! インターメディアリー ポーラスコンクリート

    5.池などの水をきれいにする(水質浄化性能)
     水を汚濁させる成分が、連続空隙内部の表面に吸着されることによって、水質を浄化します。学校のビオトープや公園の池などに使われています。

     

    (画像:(有)三佐和、ILLINOIS READY MIXED CONCRETE ASSOCIATION、(株)セメントジャーナル社、ブログ「150円の旅~オホーツク海日記~」)

    2013.04.02

新着情報一覧

2018.06.26
「稲城三十六景」発売しました! -グレーピアBooks N... 詳しく見る
2018.04.09
花の季節を楽しむ「桜・梨の花まつり」開催... 詳しく見る
2018.04.04
市民等1000人以上が参加して多摩川清掃... 詳しく見る
2018.03.12
稲城に伝わる郷土芸能を一堂に 第11回ふるさと郷土芸能まつ... 詳しく見る
コンテンツ リンク
ページの先頭へ