コンクリート?コンクリート!
HOME > コンクリート?コンクリート! > 浅草寺境内でポーラスコンクリートの透水舗装
  • 浅草寺境内でポーラスコンクリートの透水舗装

     ポーラスコンクリートを使った透水舗装の工事が、浅草の浅草寺境内で行われています。

    コンクリート インターメディアリー ポーラスコンクリート ブミコン

      ポーラスコンクリートの舗装は、普通のコンクリートに比べて荷重に対する強度は低いものの、水たまりができにくく路面が濡れても滑りにくい、路面の凹凸が少ないのでお年寄りや車イスなどの通行が楽、といったメリットがあります。

     今回の舗装工事は、有限会社三佐和の「ブミコン」という透水性ポーラスコンクリートを用いています。「ブミコン」は、同社が開発した「BGパウダー」というセメントを主体とした紛体と水・砂利を現場のミキサで練り混ぜ、左官工がコンクリートの敷均し・仕上げを行います。1日に50m2ほどの施工ができ、翌日には人が歩いても大丈夫な硬さになります。

    コンクリート インターメディアリー ポーラスコンクリート ブミコン

    コンクリート インターメディアリー ポーラスコンクリート ブミコン

    コンクリート インターメディアリー ポーラスコンクリート ブミコン
      また、ブミコン舗装は、水を透過させるだけでなく、1m2あたり12リットル以上の水を貯える保水性能があるので、夏などは夕立の雨水を貯留し、翌日以降の炎天下で水蒸気として蒸発させて路面温度を下げ、ヒートアイランド現象を緩和するなどの効果も期待できます。

    コンクリート インターメディアリー ポーラスコンクリート ブミコン

    コンクリート インターメディアリー ポーラスコンクリート ブミコン
     浅草寺では、5年前に初めてブミコン舗装の工事を行い、今回はその更新となります。工事は、花まつりや三社祭など人出の多いイベントを避けて、5月以降も続けられます。路面の凹凸や水たまりがなく、夏にはちょっと涼しげなポーラスコンクリートの歩道。浅草の観音様をお参りする機会があったら、ぜひ一度、足元を見てみてください。

    コンクリート インターメディアリー ポーラスコンクリート ブミコン

    2013.04.02

新着情報一覧

2018.06.26
「稲城三十六景」発売しました! -グレーピアBooks N... 詳しく見る
2018.04.09
花の季節を楽しむ「桜・梨の花まつり」開催... 詳しく見る
2018.04.04
市民等1000人以上が参加して多摩川清掃... 詳しく見る
2018.03.12
稲城に伝わる郷土芸能を一堂に 第11回ふるさと郷土芸能まつ... 詳しく見る
コンテンツ リンク
ページの先頭へ